椎間板ヘルニアでお悩みの方へ

ヘルニア→手術
ではなく、
他の方法で改善したい方へ

◎椎間板ヘルニアとは

椎間板ヘルニアは、腰・首に起こりやすく、骨と骨の間のクッションの役目をする「椎間板」に負担がかかり変形し、突出してしまう状態です。

飛び出してしまった部分が周辺の神経を圧迫して痛みやシビレといった症状を引き起こします。

◎一般的な治療法

病院で「ヘルニア」と診断された場合、一般的にはコルセットを装着して腰にかかる負担を軽減する方法や痛み止め・湿布薬の処方だったり、症状によっては注射をして痛みを緩和させたりします。
それで様子を見て、もし悪化して重症になるようだったら手術に踏み切るのではないでしょうか。
ただし、手術後も再発するケースもあるようです。

◎おがた整骨院での施術

なかなか薬では良くならず、手術はしたくないというお悩みの場合、当院では筋肉・骨格を整えて症状改善を目指します!

筋肉の調整や背骨の調整をおこなうことによりヘルニア部分にかかるストレスを減らしていき症状改善に繋げていきます。

1.筋肉の矯正

普段から仕事やスポーツで筋肉に強いストレスをかけ続けることで、背骨を支えることが出来なくなり、椎間板に負担がいってしまうケースがほとんどです。

固くなっていたり、張ってしまって動きが良くない状態の筋肉をしっかりほぐしたり、調整することで痛みを和らげていきます。

2.背骨の矯正

背骨の関節部分は積み木のように一つ一つ繋がっていて、もしそこがズレたりゆがんだりすると椎間板に強い負荷がかかります。

しっかり矯正・調整することで背骨の動きが良くなり、椎間板にかかる負担が減り、改善に向かっていきます。

3.全身のバランス改善

背骨の土台となる骨盤がゆがむと身体全体のバランスを崩し、一部分に負担がかかってしまいヘルニアのリスクが高まります。

治療を部分的におこなうのではなく、トータルで診ていくことでヘルニアの根本改善と早期回復に繋がります。


 

手術しないと治らないと言われた方でも
楽になるケースが沢山あります。

諦めないで、まず一度ご相談ください!